メールマーケティング

【自社調査】こんなに違う!メルマガ配信タイプ別クリック率の比較【2018年】

 メルマガのクリック率は、顧客との結びつきを示す重要な数値です。そのため、自社のクリック率が適正な値かを把握することがとても大切です。今回は、メール配信の種類ごとのクリック率を、当社が実際に配信しているメルマガ実績を元にご紹介します。何かしらご参考になる点があれば幸いです。

メール配信の種類について

 『メールマーケティング』とは、顧客(見込み顧客や既存顧客)とメール配信を通じてコミュニケーションを行うことを指します。メール配信の方法は、大きく以下の3種類にわけることができます。

  • 一斉配信
  • ステップメール
  • 個別対応メール

 それぞれの定義を説明します。

一斉配信タイプ

 いわゆる一般的に『メルマガ』と呼ばれるタイプのメールです。メルマガ購読を希望(同意)した読者に対して、定期的にメッセージを一斉配信します。一斉配信で利用される文章やイメージは、顕在層に対する短期的な売り上げアップだけでなく、潜在層へ認知を高めるという側面においても非常に重要な役割を担っています。ビジネス全体を推進する力を持っているといえるでしょう。

ステップメールタイプ

 ステップメールは、特定の条件に基づいて自動でメールを送ることができます。例えばウェブサイトで特定のアクションを実行した場合、その見込み客のアクションと関連性の高い情報を与えることができます。無料お試し商品を希望した場合、TIPSを何日間かにわけて送って理解を促したり、ある商品を閲覧した履歴を用いて、再度オファーを送って行動を促したりできます。

関連ブログ:効果的なステップメールとは?作成に欠かせない要素を徹底解説

個別配信タイプ

 「メールマーケティング」はメールを介した顧客とのコミュニケーションを意味します。つまり企業の規模を問わず、特にB2Bにおいては、見込み客や既存顧客に対して送付する個々のメールも、メールマーケティングの一環と位置付けることができます。やりとりには、自社のロゴや署名を挿してブランディングを高めることができます。

関連ブログ:メールマーケティングはなぜ今重要なのか?最新のトレンドとともに解説

メール配信の種類別クリック率の違い

 前述した種類ごとに、どのくらいクリック率に違いがあるのでしょうか。当社が実際に配信した各実績の数値をご紹介します。

一斉配信タイプ

対象:過去にお問い合わせいただいた見込み客

送る内容:最新の自社ブログ

平均CTR:3.89%

 わたしたちは、過去に自社サービスへお問い合わせいただいた見込み客の皆さまに対して、定期的に本ブログのエントリーを紹介しています。メール配信システムにお問い合わせいただいたため、メールマーケティングに関するブログを送ることで検討を促し、当社の認知を高めていただくことが目的です。既存顧客や失注となった企業は対象外です。

 クリック率は上記の通り、直近7回分の平均値は3.89%でした。この数値の良し悪しについては後ほど説明します。

ステップメールタイプ

対象:1週間以内にお問い合わせいただいた見込み客

送る内容:人気の高い自社ブログ

平均CTR:11.51%

 続いてステップメールです。当社は、お問い合わせをいただいた後、1週間以内にステップメールを3通送ります。ニーズが顕在化している見込み客のみなさまに、検討を促進いただくため、ユーザーアンケートの結果や自社ブログ、そして無料トライアルをご案内します。

 一斉配信と同じくブログ記事をリンク先として送るステップの結果を見ると、クリック率は11.51%でした。一斉配信のおよそ5倍のクリック率です。やはり興味が非常に高い状態のため、送付したメールをしっかりとご覧いただいている印象です。

個別配信タイプ

対象:資料請求中の見込み客

送る内容:サービス概要と資料

平均CTR:78.26%

 ご覧の通り、80%近いクリック率となっています。お客様が要望したことへの回答ですので、当然の結果といえますよね。むしろ、必ずご覧いただくメールだからこそ、問い合わせた企業と同じであることを送信元やメール本文、署名によって明示して、認知していただかなくてはなりません。

クリック率の平均値について

 上述した私たちのクリック率の値は、同一業界と比べて優れているかどうかを調べてみました。

一斉配信タイプのクリック率の平均値

 米国の配信ツールMailchimpが公表している業種別のメールマーケティングクリック率一覧を参照してみましょう。

 当社のサービスは「マーケティング・ソフトウェア」に該当するため、以下いずれかが該当するものと考えられます。

マーケティング・広告業界:1.74%

ソフトウェア・ウェブアプリ業界:2.05%

引用元:Average email campaign stats of Mailchimp customers by industry

 当社の数値3.89%は業界平均値を超えていると判断して良さそうです。

ステップメールのクリック率の平均値

 ステップメールのクリック率ですが、残念ながら業種別の調査結果を見つけることが出来なかったため、GetResponse社が公開している下記の全体平均値と比較してみました。海外ではステップメールという言葉は存在しないため、読者のアクションに基づいて配信される『トリガー・メール(Triggered Email)』、『オートレスポンダー(Autoresponder)』の数値との比較になります

トリガー・メールの平均クリック率:11.13%

オートレスポンダーの平均クリック率:7.29%

引用元:About the new Email Marketing Benchmarks report

 自社数値は11.51%であるため、トリガー・メールの平均値よりも高い数値となりました。担当としては一安心です!

まとめ

クリック率は誰に・いつ・何を送るかで大きく異なる

 当社の実績をご覧いただきながら、クリック率の値について紹介しました。ご覧の通り、クリック率は送る内容や送る相手、送るタイミングによって大きく異なります。業界平均値もベンチマークとして当然気になる数値ではありますが、先ずは読者のステータスに合わせて最適なメールを送り、マーケティングファネルごとの数値も定期的にチェックすることを心がけたいですね。

 私たちも以下記事でまとめたようなクリック率向上のポイントを意識しながら、日々メールを作成しています。

関連ブログ:メルマガのクリック率はもっと上がる。10個のシンプルな改善方法

 当社のメール配信システム「WiLL Mail」であれば過去の配信結果も管理画面上ですぐに把握できるため、こうしたクリック率の平均値の算出も容易です。ご興味があれば是非お問い合わせください。

 最後までお読みいただきありがとうございました。

著者
WiLL Cloud マーケティングチーム

ウェブマーケティングに関する情報をお届けするブログです。皆様に役に立つ情報、アップデート、イベントなど、様々なことを発信します。

メルマガ登録 »