メール配信システムに欠かせないセキュリティ機能を搭載

メール配信システムを選定する際は、高いセキュリティ性が欠かせません。WiLL Mailは、堅牢なインフラ、プライバシーマークをはじめとする第三者期間認定による高いセキュリティの保証とともに、様々なセキュリティに関する機能を搭載しています。

認定

プライバシーマーク

財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)が個人情報の取扱いについて適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者を認定して、その旨を示すマークとしてプライバシーマークを付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。

ISMS

国際規格の情報セキュリティマネジメントシステム、ISMSを2014年に取得しています。ユーザーから預かった情報を適切に扱う体制が整っています。

サービス・システム利用に関するセキュリティ

SSLによる暗号化通信

WiLL Cloudの管理画面は SSLにより暗号化されています。

データベースの暗号化

顧客データを保存するデータベースは暗号化されています。

フォームの不正ログイン対策

WiLL Formで作成した登録フォームはSSLで全て暗号化しています。

メール送信サーバーのSTARTTLS対応

メール送信時にSSLによる暗号化を行うSTARTTLSに対応しています。これにより、第三者への通信内容の情報漏えいリスクが低減致します。

IPアクセス制限

管理画面に特定のIPアドレスからのみアクセスできる機能です。たとえば社内IPアドレスからのアクセスのみ許可すれば、社外アクセスや、社外への情報持ち出しを防ぐことができます。

操作ログ確認・ダウンロード

WiLL Mailの操作ログが閲覧できる管理者向けの機能です。いつ・どのオペレーターが・どの操作をしたかを把握することで、ミスの起きない運用フローを構築できます。管理画面の閲覧だけでなくCSVでダウンロードも可能です。

管理者別権限設定

データベースの操作、メール設定、配信日時を定めるスケジュール機能の権限をオペレータごとに細かく設定できます。

なりすましメール対策DKIM、SPFに対応

迷惑メール対策技術「DKIM」や「SPF」の設定が可能です。

DKIMとは? »
SPFとは? »

バックアップ・冗長化

データのバックアップ

データは1日1回バックアップを取得。万が一の場合に備え、データを保護しています。

冗長化した構成

アプリケーションサーバーは冗長化されているため、安心してご利用いただけます。

データセンター

アマゾンウェブサービスは、セキュリティと耐久性を特徴とする技術プラットフォームで「PCI DSS レベル 1」「ISO 27001」「HIPAA」「SSAE 16」「FISMA Moderate」といった業界が認める認定及び監査に合格しています。

またサービス及びデータセンターは、多階層にわたる運用及び物理的セキュリティを備えており、データの整合性と安全性を確保しています。

メンテナンス

サービスメンテナンスは早朝に実施

新機能の開発、既存機能の改善やバグの修復に向けて、メンテナンスを実施します。ご利用されるお客様の業務に支障がないよう、早朝に短時間で実施しています。メンテナンスは不定期に実施します。

関連ページ:メンテナンスとは? »