フォーム・LP作成

【WiLL Form】Googleアナリティクスと連携させよう

 ウェブサイト解析ツールは、今や企業のマーケティング・CRM活動に欠かせない存在となっています。今回は、解析ツールの代表ともいえる『Googleアナリティクス』と、わたしたちのサービス『WiLL Form』の連携方法について説明します。

『Googleアナリティクス』を使うメリットは?

 『Googleアナリティクス』が世界中のウェブサイトで利用されている大きな理由のひとつは、豊富な機能を無料で使える点です。ウェブサイトの訪問者がどこから来たのか、どうやって発見したのか、どのページにどのくらいの時間滞在したのか、といった情報を無料で計測できます。

 これらの指標を見ながら「訪問者に最適な情報を提供できているか」「サイトの目的と訪問者の属性が合致しているか」などを確認してマーケティング・CRM活動に活かすことが出来ます。

『WiLL Form』連携のメリットは?

 『WiLL Form』と『Googleアナリティクス』を連携することで『Googleアナリティクス』の管理画面上で『WiLL Form』への訪問者数やセッション数、コンバージョン数を自社サイトと同じように把握できるようになります。

詳しい連携方法は以下をご覧ください。

『WiLL Form』との連携方法

①『Googleアナリティクス』のトラッキングIDを確認する

  • 画面左下の歯車アイコンをクリックして管理ページを表示させます。
  • 中央カラムのプロパティから連携したいサイトを選択します。
  • 「トラッキング情報」をクリックし「トラッキングコード」をクリックします。
  • “UA”から始まる文字列が「トラッキングID」です。

②『WiLL Form』にドメインとトラッキングIDを入力する

 ご自身のトラッキングIDを確認したら、WiLL Formの管理画面を開きます。右上の歯車アイコンをクリックし「Google設定」をクリックします。

 トラッキングIDとドメインを入力すれば設定は完了します。

Googleアナリティクスでのコンバージョン設定方法

 Googleアナリティクス連携後は、WiLL Formで作成したページが自社サイトとして認識され、セッション数やユーザー数など各種数値はもちろん、コンバージョン数も確認できるようになります。

WiLL Formは「イベント」として認識される

 WiLLFormはGoogleアナリティクス内では「イベント」として認識されます。

 「イベント」内の各種数値は以下のとおり割り当てられます。

・イベントカテゴリ

 「WiLLForm」 という値が割り当てられます。

・イベントラベル

 WiLL Formの「Google Analytics イベント名」にご入力した値が表示されます。

・イベントアクション

 以下の値が自動的に割り当てられます。

アクション名 該当ページ
form 「入力ページ」
confirm 「確認ページ」※確認ページを用いた場合のみ表示されます
complete 「完了画面ページ」

目標設定で「イベント」を選択すれば設定完了

 左下の歯車アイコンで管理ページを開いて、右カラムの「目標」をクリックします。

 「目標の説明」 >「タイプ」で「イベント」を選択します。

 「目標の詳細」の「イベント条件」で、上記のカテゴリ、ラベル、目標としたいアクションを選択すれば設定は完了します。お申込み完了、お問い合わせ完了などの「アクション完了ページ」の数をコンバージョンとしたい場合は、以下のような設定になります。

 以上で設定は完了です。



 いかがでしたでしょうか。『WiLL Form』の連携機能は、普段『Googleアナリティクス』をご利用されている方々がご理解いただきやすいように開発しております。うまく活用して、マーケティング・CRM業務の効率化を目指していきましょう。

 最後までお読みいただきありがとうございました。

著者
WiLL Cloud マーケティングチーム

ウェブマーケティングに関する情報をお届けするブログです。皆様に役に立つ情報、アップデート、イベントなど、様々なことを発信します。