メールに必要なセキュリティ対策とは|最近の不正メールの脅威と対策を解説

HTMLメールのセキュリティとは|安心・安全なメール配信を行おう

 自社のメールセキュリティを強化する必要があっても、具体的に何をすればよいのかわからず悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 この記事では、最近の不正メールによる脅威や仕組みなどを解説しています。必要なメールセキュリティ対策を受信者の視点、送信者の視点で紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

メールセキュリティが重要な理由

 電子メールが普及するにつれ、メールを使ったサイバー攻撃が増加しています。最近はその手法も巧妙化しています。サイバー攻撃により、個人情報や機密情報が盗まれるなどの被害を受ける可能性があるので、メールのセキュリティ対策をしっかり行うことが重要です。

メール暗号化、DKIMやSPFにも対応。高いセキュリティのメール配信システム

WiLL Mailの無料トライアルを申込む

最近の不正メールによる脅威について

 不正メールは種類が多く、最近はその手法もさらに巧妙化しています。ここでは、代表的な不正メールとその脅威を紹介します。

メールの誤送信

 メールの誤送信は、情報漏えいを引き起こす大きな原因の一つで、そのほとんどがヒューマンエラーによるものです。具体的には、メールアドレスの入力ミス、ファイルの添付誤りなどがあげられます。誤って添付したファイルが機密情報や個人情報である場合は、訴訟問題にまで発展しかねません。

スパムメール

 スパムメールとは、無差別、かつ大量に送信される、広告や宣伝を目的としたメールのことです。誰かれ構わずメールを送りつけるため、悪質な行為と言えます。スパムメールにはファイルが添付されていることがあります。このファイルを開くことでパソコンが乗っ取られ、自分のパソコンが他者にスパムメールを送ってしまう、などの脅威が報告されています。

メールの盗聴

 メールの盗聴は、送信されたメールが受信者の元に届くまでに不正アクセスされることで発生します。メールはいくつかのサーバーを経由して、受信者まで届けられており、インターネット上で不正アクセスされる危険性があります。本文に個人情報や機密データが含まれている場合は、悪用される可能性が高いです。

なりすまし

 なりすましとは、友人・知人になりすまして送信されるメールのことです。最近は、自分自身のメールアドレスから送信されるケースが増えています。実在の人物になりすますことで、さまざまな不正行為を働きます。搾取したIDやパスワードを悪用して不正ログインしたり、SNSを乗っ取ったり、金銭のだまし取りを行うなど、多くの犯罪に悪用されています。

フィッシング詐欺

 フィッシング詐欺とは、企業や金融機関に偽装したメールを送信することで発生する詐欺のことです。本当のサイトそっくりのサイトへと誘導し、ログインをうながすことで、クレジットカードや銀行口座などのログイン情報を騙し取ります。そのデータを使い、クレジットカードを不正使用されるなど悪用されます。

改ざん

 改ざんとは、メールを盗聴するだけでなく、メールの内容を書き換えてしまうことです。差出人とメールアドレスを偽装するわけではないため、メールの改ざんには気づきにくいです。盗聴と同様、送信されたメールが受信者に届けられるまでのインターネット上で、改ざんが行われます。

マルウェアの感染

 マルウェアの感染とは、メールに添付されたファイルやリンクを開くことで、パソコンにマルウェアが感染してしまうことをいいます。マルウェアに感染したパソコンは、起動しにくかったり、他者にマルウェア付きのメールを送信してしまったりします。

標的型攻撃

 標的型攻撃とは、特定の企業・団体・人を装い、個人情報や機密データなどを搾取・悪用するメール攻撃のことです。ターゲットの属性・趣味嗜好・性格などを詳細に分析した上で送信されるのが特徴です。綿密にリサーチしているため、偽装のクオリティも高いです。

受信時におけるメールセキュリティ対策

 ここでは、メール受信における脅威を防止するためのセキュリティ対策を5つ紹介します。

ウィルス対策ソフトをインストールする

 ウィルス対策ソフトをインストールすれば、ウィルスによる脅威を排除できます。ウィルス対策ソフトは、導入するだけではなく、定期的にウィルススキャンすることや、最新バージョンへ更新することが重要です。これらを怠ると、すでにパソコンに感染したマルウェアや、最新のウィルスに対応できなくなります。

スパムメールのフィルターを設定する

 スパムメールのフィルターを設定します。フィルターは、プロバイダ側とユーザー側の両方で設定できます。プロバイダ側では、スパムメールを特定のフォルダに格納する「フォルダ分け」、スパムメールを分かりやすくラベル分けしてくれる「ラベリング」などが有名です。

 ユーザー側では特定のメールアドレスに対して、受信拒否やフォルダ分けを設定できます。学習機能もあるため、回数を重ねるうちにフィルタリング精度も向上します。現在リリースされているメールソフトであれば、ほぼ問題なく設定できます。

メールを無害化する

 メールを無害化することで、マルウェア・フィッシング詐欺・標準型攻撃などが防げます。HTMLメールをテキスト化することで、悪意のあるプログラムを無効化できます。本文内のURLもテキスト化すれば、リンクの誤クリックが防げ、詐欺サイトに誘導されることもなくなります。

 メールの添付ファイルは、ウィルスの感染の原因のひとつです。不正なファイルは自動的に削除する設定にしておけば、マルウェアの感染を遮断できます。

安全なパスワード管理を行う

 安全なパスワードを設定し、厳重に管理しましょう。大文字・小文字・数字・記号などを含め、13文字以上にするのがおすすめです。定期的に変更して、アップデートしていくことが大切です。

 同じパスワードを、複数サイトのログイン情報に使い回すのもよくありません。同じパスワードを使用していると、1回の情報漏洩で複数のサービスが利用できなくなる可能性があります。

不審なメールは開かない

 不審なメールは、まず開かないようにしましょう。少しでも違和感がある場合は、送信元に確認を取ることをおすすめします。リンクや添付ファイルを誤ってクリックすると、ウィルス感染などの危険があります。

メールマガジン送信時に気をつけるべきポイント

 企業としてメールマガジンを送信する際に、気をつけるべきポイントを解説します。

メール送信前に宛先を必ず再確認する

 メール送信の前に、宛先に誤りがないかを再確認しましょう。本文の内容や添付ファイルの有無なども合わせて確認します。アドレスの入力ミスはもちろんのこと、CCとBCCが正しく設定されているかも確認してください。

添付ファイルを送らない

 機密情報などの重要なデータを、メールで送信するのをやめましょう。どうしても送る必要があるときは、パスワードなどを設定してください。機密データとは、限られた人にしか閲覧が許されていない極秘情報のことです。添付ファイルなどで流出すれば、関係者全体に不利益をもたらします。

 また、一斉配信においては添付ファイルは迷惑メールフィルターにひっかかる可能性がとても高いです。これは近年の調査において、フィッシングメールにおけるマルウェアソフトの搭載先として、添付ファイルがもっとも多かったことに由来しているからです。

 もしメールマガジンで一斉にファイルを送りたい場合は、添付するのではなく、安全性の高いクラウドサービスにファイルをアップし、読者にそこからダウンロードしてもらうようにしましょう。

メールの誤送信を防止する

 メールの誤送信を防止するため方法の一つは、オートコンプリート機能を解除することです。オートコンプリートとは、入力した文字から文字列を予測し、自動で入力してくれる機能のことです。大変便利な機能ですが、誤ったアドレスを選択すると誤送信してしまいます。

 TO・CC・BCCの使い方にも注意しましょう。BCCで送信されたアドレスは、受信者には表示されません。しかしCCで送信されたアドレスは、受信者に表示されます。不要なユーザーをアドレス帳から削除したり、誤送信対策システムを導入したりするのもおすすめです。個人レベルでもセキュリティ対策できるように、社内教育も徹底させましょう。

メール送受信における脅威の仕組み・送信者の対策について

 送信されたメールは、送信者サーバーは送信者の確認を行った上で、受信者サーバーにメールを送信します。受信者サーバーは、受信者の確認を行った上で、受信者にメールを送り届けますが、送信者の確認を行わないために、不正メールと認識せず受信してしまいます。

 しかし、最近は送信元を認証する仕組みが導入されるなど、メールセキュリティ対策が行われるようになってきています。メールマガジン送信元の企業は、こうした技術を用いることで、自社のメールが安全であることを受信者に保証できます。

まとめ

 メールは、サイバー攻撃に非常に利用されやすいです。最近は、様々な対策が行われていますが、新たな攻撃方法も発生しています。ウィルス対策ソフトやフィルター機能などを活用して、安心できるメールセキュリティ対策を構築しましょう。

 WiLL Mailは、メール配信システムには欠かせないセキュリティ機能た搭載されたサービスです。メールの暗号化・不正操作を防ぐIPアクセス制限・なりすましメール対策など豊富なセキュリティ機能があります。

 無料トライアルが可能なので、セキュリティ性能が高いメールシステムの導入を検討中の方は、一度お試しください。

メール暗号化、DKIM、SPFにも対応。高いセキュリティのメール配信システム

WiLL Mailの無料トライアルを申込む

著者
WiLL Cloud マーケティングチーム

ウェブマーケティングに関する情報をお届けするブログです。皆様に役に立つ情報、アップデート、イベントなど、様々なことを発信します。

メルマガ登録 »