メールマーケティング

HTMLメールとは?メリットと作成時の注意点まとめ


 一昔前と比べると、HTMLメールが送られてくる比率が高くなっていると実感します。このHTMLメール、そもそもどういったものを指すかご存知でしょうか? ここではHTMLメールについて詳しくない方向けに、HTMLメールの仕組みを踏まえてメリットと作成時の注意点を具体的に説明していきます。

HTMLメールの主なメリット

webサイトと同じ様にリッチなコンテンツで訴求できる

 HTMLとは「Hyper Text Markup Language」の略で、いわゆるウェブサイトを作るための言語です。「HTMLメール」は、つまり「HTMLで記述されたメール」を意味します。ウェブサイトのように画像を挿入したり色を付けたりしてデザインできるので、非常に表現力が豊かな内容を送ることが出来る点が大きなメリットと言えるでしょう。

 多くのメールマガジンは、ウェブ広告同様に商品購入や申込みなどのオンライン上のアクションに繋げることが配信の目的です。ウェブ広告はテキストよりも画像、画像よりも動画の方が訴求力が高まりますので(※)、メールマーケティングにおいても、テキストメールよりもHTMLメールの方がクリック数やコンバージョン数に貢献することが期待できます。

 ※Yahoo!マーケティングソリューションが公開しているこちらの資料には、テキスト広告とディスプレイ(画像)広告の効果の違いの調査が掲載されています。

より多くの効果検証が行える

 HTMLメールでないと、メールの「開封数」を取得することは出来ません。開封数とは、HTMLメール内の画像の読み込まれた回数のことを指します。この数値を取得することで、メール配信した件数から開封率を算出して効果改善の指標に利用することが出来ます。たとえば、開封率が高い場合は、読者の興味と件名の親和性が高いことが伺えます。一方で開封率は高いもののクリック率が低い場合は、件名とメールのコンテンツにかい離があることが考えられます。このように、HTMLメールを配信することで、クリック率だけでは見えづらかった読者のアクションを把握し、より精度の高いメールマガジンを送ることができるようになるのです。

 

ウェブサイト作成とはこんなに違う! HTMLメール作成の注意点

スタイルシートを使う場合はインラインで記述する

 ウェブサイトとHTMLメールの最も大きな違いは、スタイルシート(CSS)の記述に制限がある点です。スタイルシートとは、簡潔にいうとウェブページのレイアウトを定義する技術のことです。HTMLメールでCSSを使う場合、いろいろな制約があるのです。たとえばGmailなどのブラウザベースのメールクライアント(メールを送受信する際に使うソフト)は、CSSを取り除いてしまうように出来ています。また、Outlook 2007のような古いメールクライアントでもCSSをインラインで記述しないとうまくHTMLメールが表示されません。あらゆる環境で受信することが想定されるHTMLメールでは、インライン記述が基本となるのです。インライン記述であれば直接HTMLの要素を届けてくれるため表示速度も一般的なウェブサイトより速いですし、主要なメーラーでHTMLメールをうまく表示させることができるのです。

スクリプトは使わない

 JavaScriptは、インタラクティブなコンテンツを設置したり、動的コンテンツを閲覧させることが出来るプログラミング言語です。一般的なウェブサイトではもはや常識的な技術ですが、大半のメールクライアントはJavaScriptをブロックしてしまうのです。よって、もしHTMLメールにYouTubeの動画やグーグルマップなどのJavaScriptを埋め込んだ場合、大半のメールクライアントではうまく表示されません。(※)  どうしてもHTMLメールで動的コンテンツを送りたい場合、GIFアニメーションを利用することをおすすめします。

※受信したメールクライアントがHTML5のvideoタグやaudioタグをサポートしている場合は、動画コンテンツも再生できます。ただしGmailやアウトルック、サンダーバードなどの主要なメールクライアントはHTML5をサポートしていないのが現状です。

画像の参照先(パス)は「絶対パス」を使う

 HTMLメールの文中コンテンツに画像を挿入するときは、「絶対パス(サーバー名まで全部書く)」を使いましょう。HTMLメールのコンテンツ表示方法は一般的なウェブサイトとは違うため、相対パスを使うことができないのです。従って、HTMLメール内で画像を使う場合は全ての絶対パスを記述する必要があります。

HTMLメールはサクサク作ってメリットを実感しよう

 いかがでしたでしょうか。HTMLメールは一般的なウェブサイトと同じようなメリットがある一方、当たり前の技術が使えないという側面があります。「WiLL Mail」はこれらの作成時の注意点を考慮した独自のHTMLメールエディタを装備しています。本記事をご覧になってHTMLメールの運用に自信がない方や面倒だと感じた方でも、このエディターを使用すればかんたんにHTMLメールを作成できるので、メリットをすぐに実感することができます。ご興味があればぜひお問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございました!


著者
WiLL Cloudブログ編集部 メールマガジン担当者や、マーケティング担当者の皆様に役に立つ情報を配信して行きます。よろしくお願いします。
WiLL Cloud無料トライアルお申し込みはこちら

WiLL Cloudサービスに関するお問い合わせ・資料請求はこちら

(受付時間 平日10:30〜18:00)