【アップデート】WiLL Formに流入元を特定するラベル機能を追加しました

メルマガをGoogleアナリティクスで効果検証する方法

 2019年11月25日に、WiLL Cloudのアップデートを行いました。主な新機能は、WiLL Formで作成したフォームやランディングページの流入元を区別できるラベル機能です。ぜひご活用ください。

ラベル機能について

フォームの回答データで流入元が複数ある場合に区別できるように、ラベルをつけることができるようになりました。

例:
https://form.willcloud.jp/p/sapana/willmail_lp/?wf_source=xxxxxx

上記の”?wf_source=xxxxxx”のxxxxxx部分を任意の文字列を指定して、流入元を特定できます。当社の場合、グーグル広告の検索キーワード毎に文字列を設定しています。

管理画面では下記の様にパラメータ値が回答データに「ソース」という項目名で保存されます。

ラベル機能追加に伴い、下記のアップデートも行われました。

  • 登録データの詳細表示で「リファラー(流入元)」「ソース」を表示するようにしました。
  • CSVダウンロードで「リファラー(流入元)」「ソース」をCSV出力内容に追加しました。

その他のアップデート

  • CSVダウンロードで文字コードを指定してダウンロードできるようになりました。(選択肢:Windows(Shift_JIS)、UTF-8)

  • エディタ > レイアウトモード > セクションの設定:画像の縦横比を維持したまま画像ができるだけ大きくなるよう拡大縮小する(background-size)を選択できるようにしました。
著者
WiLL Cloudマーケティングチームのロゴ
WiLL Cloud マーケティングチーム

ウェブマーケティングに関する情報をお届けするブログです。皆様に役に立つ情報、アップデート、イベントなど、様々なことを発信します。

メルマガ登録 »