クラウドサービスの導入理由


総務省の平成25年版 情報通信白書によると、クラウドサービスの導入理由をみると、「資産、保守体制を社内に持つ必要がないから」が最も高く、次いで「初期導入コストが安価だったから」「既存システムよりもコストが安いから」となっており、主にコスト面及び機能面からの理由が挙げられています。

 

導入理由

資産、保守体制を社内に持つ必要がないから

42.6%

初期導入コストが安価だったから

36.4%

既存システムよりもコストが安いから

30.8%

どこでもサービスを利用できるから

29.9%

安定運用、可用性が高くなるから(アベイラビリティ)

22.8%

システムの容量の変更などが迅速に対応できるから

17.1%

導入スピードが速かったから

15.3%

情報漏えい等に対するセキュリティが高くなるから

14.5%

サービスの信頼性が高いから

14.2%

機器を選ばずに同様のサービスを利用できるから

12.0%

システムの拡張性が高いから(スケーラビリティ)

11.9%

システムベンダーに提案されたから

11.7%

いつでも利用停止できるから

10.4%

ライセンス管理が楽だから

5.3%

サービスのラインナップが充実していたから

4.6%

その他

10.7%