ステップメール

WiLL Mailは、ステップメールの配信が可能です。ステップメールの導入により、顧客へのアフターフォローや関係構築などのウェブ・マーケティング業務を自動化することができます。

ステップメールの概要

ステップメールとは、あらかじめ作成しておいたシナリオに沿って、自動的にメールを配信する仕組みです。例えば、WEBサイトから製品の資料請求を行ったユーザーに対して、資料請求日を基準日として、以下のようなメールを順番に配信することができます。

上記は一例ですが、ステップメールを上手く活用することによって、以下のようなメリットがあります。

・メール作成業務の自動化
・メールの送り忘れがない
・ユーザーに価値をもたらす情報をタイムリーに届けられる
・ユーザーとの信頼関係の構築
・既存コンテンツの有効利用ができる
・同じ条件の読者にもれなく同じ価値体験を提供できる

一方でステップメールは、最新入荷情報など最新の情報を届けるには不向きな場合が多いため、そういった場合は通常の一斉配信メルマガの利用を検討しましょう。

ステップメールの活用事例

ステップメールの活用方法をイメージしていただきやすいように、具体的な活用事例をいくつかご紹介いたします。ステップメールの導入を検討する際の参考にしてみてください。

1.ECサイトの新規会員登録時

会員登録時に自動送信される「お礼メール」。複数のステップを踏まず、一つのメールを自動送信したい場合(オートメールとも呼ばれる)も、ステップメールの機能を使って実現できます。

2.化粧品の無料トライアル登録時

製品に関する基礎知識や、使い方をまとめたコンテンツをステップメールで配信し、トライアル製品に触れてもらう機会を増やします。製品に対する興味や信頼を高めます。

3.フィットネスジムのメルマガ登録時

ダイエットなど継続的な利用が重要なビジネスにおいては、短いレッスンやチャレンジをステップメールで配信します。企業やサービスのファン育成に非常に効果的です。

4.ECサイトの特定商品ページ閲覧時

レコメンドエンジンと連携すれば、レコメンドメール型のステップメールを配信することも可能です。特定商品ページの閲覧・カゴ落ちなどの情報を基準として、ステップメールを配信します。

5.ECサイトの特定商品の購入時

商品の購入情報、購入日、購入回数などを基準として、アップセル・クロスセルにつながる関連商品の提案や、消耗品であればリピート購入を勧めるステップメールを配信します。

WiLL Mailのステップメール作成方法

WiLL Mailに標準搭載されているステップメール機能を使った、ステップメールの作成方法をご紹介いたします。

1.ステップメールのシナリオを新規作成する

ステップメールを送る目的が決まったら、大枠となるシナリオを作成します。シナリオ一覧画面から、[シナリオ作成]ボタンをクリックしましょう。シナリオ作成画面が開きます。

シナリオ名とデータベースの選択

目的を表す適当なシナリオ名を入力し、メール送信先となる配信リスト(データーベース)を選択します。まだ該当するデーターベースが無い場合には、データベース設計よりターゲットDBを作成します。
※ステップメールの利用には、ターゲットDBが利用できるプレミアムプランの契約が必要です。

[作成]ボタンをクリックすると、シナリオ一覧に新しいシナリオが作成されました。
※シナリオ数は「無制限」で作成できます。
※ステップメールの利用には、ターゲットDBが利用できるプレミアムプランの契約が必要です。

2.ステップメールのシナリオを設定する

「基準日」や「条件設定」など、シナリオの詳細設定を行っていきます。[シナリオ設定]ボタンをクリックしましょう。ステップメールの管理画面が開きます。

基準日の設定を行う

ステップメールを送り始める基準日の設定を行います。[基準日の設定]ボタンをクリックすると設定画面が開きます。基準日には「資料請求日」「メルマガ登録日」など日付型のデータベース項目を選択することができます。[繰り返し条件]については、バースデーメールなど毎年決まった日にメールを送りたい場合などに設定します。

条件設定を行う

配信リストのセグメント条件を設定することができます。[条件設定]ボタンをクリックすると設定画面が開きます。条件を設定できる項目は、データベース項目の他、リストの作成日・更新日、開封履歴、配信履歴、配信端末、クリック履歴、コンバージョン履歴、カスタマイズ条件の作成も可能で、細かくセグメント条件を設定することが可能です。

3.ステップメールのステップを新規作成する

ここからはシナリオ内にステップを作成して行きます。[新規ステップを追加]ボタンをクリックしましょう。新規ステップの追加画面が開きます。

配信タイミングの設定を行う

適当なステップ名を入力し、ステップメールを配信する「実行タイミング」と「日時」を設定します。実行タイミングは、先に設定した基準日をもとに、「基準日当日」「基準日の前」「基準日の後」、APIで外部システムと連携している場合は「API経由データ登録時」から選択することができます。[決定]ボタンをクリックすると管理画面に新しいステップが追加されます。

ステップメールの本文を作成する

新しいステップが追加されたら、次にメールの本文を作成して行きます。[編集メニュー]から、[メール編集]をクリックします。ステップメールの編集画面が開きます。

コンテンツ設定

[コンテンツ設定]タブで、配信するメール形式を「テキスト」「HTML」「携帯テキスト」「携帯HTML(デコメ)」の中から選択します。

基本設定

[基本設定]タブで、配信するメールの「送信者アドレス」「返信先アドレス」「件名」「開封確認」「クリックカウント」「ダウンロードファイル」の設定を行います。

コンテンツ編集

[コンテンツ編集]タブをクリックすると、メール作成エディタが開きます。通常のHTMLメールやテキストメールを作成する手順で、ステップメールのコンテンツも作成します。また、ステップメールもスマートフォン・レスポンシブデザインにも対応しています。HTMLエディタの使用方法についてはこちらをご確認ください。

設定内容

[設定内容]タブで、設定したステップメールの内容・プレビューを確認して問題がなければ設定完了です。画面上部のパンくずナビゲーションから、[ステップメール編集]をクリックして一覧画面に戻ります。

上記の手順を繰り返して、必要な数のステップを作成しましょう。
※ステップ数は、「100個」まで作成可能です。

4.ステップメールの配信を開始する

全てのステップを作成したら、ステップメールの配信を開始する設定を行います。[編集メニュー]から[公開]をクリックすると、ステータスが「停止中」から「公開中」に切り替わり、実際にステップメールの配信が開始されます。

WiLL Mailのステップメール効果測定

ステップメールは、一度シナリオを作成すれば業務を自動化することができますが、継続して成果を出し続けるためには、定期的に効果測定を実施し、改善を繰り返す必要があります。ステップメールの効果測定において、特に重要な分析指標は、「開封率」「クリック率」「コンバージョン率」「配信停止率」などが上げられます。WiLL Mailのステップメール分析画面では、これらの指標を簡単に閲覧・分析することができます。

開封分析

ステップメールを使って、ユーザーとの関係を構築する上で、メールが開封されるかどうかは特に重要です。1通目が開封されなければ、2通目以降も開封されない可能性が高まります。開封率が低い場合は、「配信のタイミング」「メールの件名」「差出人名」「コンテンツの内容」などを見直して、開封率の改善に努めましょう。

クリックカウント分析

メール内にリンクが設定されている場合、ユーザーが思ったようなアクションを取ってくれているかを確認しましょう。ステップメールのクリック率が低い場合は、「件名とメール本文の内容に相違が無いか」、「ユーザーにとって価値のあるコンテンツを提供できているか」、「リンクを設定したテキストの文言・色・位置などが適切かどうか」などを見直してみましょう。

コンバージョン分析

ステップメールの中に、キャンペーン情報など収益につながる告知を入れた場合は、ステップメール経由でどれぐらいの成約率があるのかも確認しましょう。成約率が低い場合は、「ユーザーにとって価値のあるコンテンツを提供できているか」、「収益につながる告知の内容や配信間隔が適切かどうか」などを見直して、成約率の改善に努めましょう。ステップメールにおいては、「価値を与えるコンテンツ」と「収益を生むコンテンツ」の割合が、80対20の割合が理想的だと言われています。

配信停止率分析

ステップメール経由で配信停止率が高い場合、ステップメールのシナリオ設計がうまく出来ていない可能性があります。「ユーザーにとって価値のあるコンテンツを提供できているか」、「適切にセグメントされたリストに対して配信しているか」、「収益を生むコンテンツが多すぎないか」などを見直してみましょう。