セグメント配信を行いたい

WiLL Mailは、ターゲットメール配信が可能です。セグメントしたユーザーに対して、関心の高いメールを届けることで、より高いクリック数・開封数・CVが期待できます。

ターゲットDBを作成する

ターゲットメール配信は、CSVファイルを手作業で編集して行うこともできますが、WiLL Mailで作成したターゲットDBを利用することで、より高度なセグメント配信を簡単に実現することができます。
※API連携で既存会員データベースの利用も可能。

ターゲットDB作成方法

1.ターゲットDB一覧から、[作成]をクリックします。

2.ターゲットDB作成画面がポップアップ表示されますので、データベース名に任意の名前を付けて[作成]ボタンをクリックします。

3.ターゲットDB一覧画面に、新しいデータベースが追加されます。

ターゲットメール配信

ターゲットメール配信のセグメント条件を設定する方法として、「性別」「年齢」「都道府県」など一般的なユーザー属性を利用する方法と、「クリック履歴」「コンバージョン履歴」などの行動履歴を利用する方法があります。

ユーザー属性によるセグメント

データベースに含まれる性別や年齢などの属性情報に応じた最適化された情報をメール配信することができます。

行動履歴によるセグメント

データベースに含まれるすべてのユーザー行動履歴に基づきコンテンツランキングやカテゴリーランキング、ユーザー嗜好ランキング、RFM分析、デシル分析などユーザー毎の行動履歴に応じた最適化された情報をメール配信することができます。