メール分析について

エラーメールはどのように処理されるのでしょうか?

 エラーメールは自動的に処理されます。個人用メールソフトのように送信者のアドレスに戻ってくることはありません。 また、エラーの分類は自動で行われます。「一時的なエラー」は停止にせず、「継続的なエラー」のみを配信停止にします。詳しくは下記に説明します。

■エラーメールの処理について
①「継続的なエラー(存在しないアドレス)」
 PCアドレスは3回連続、携帯アドレスは1回このステータスになったら次回配信時に、自動的に配信停止対象となります。
 
②「一時的なエラー」
 受信者側の都合によるエラーですので、そのまま配信し続けます。

■該当アドレスの確認方法
メール管理 > 「配信完了」タブ > 該当メールの「分析」ボタン
>「配信結果ダウンロード」ボタン
こちらで配信結果の生データをダウンロードできます。

この生データの「送信結果」項目で、「成功」か「失敗」と記載されていますので、「失敗」でソートしたものがエラー対象となります。

ご質問はこちら

FAQで解決できなかったお客様は、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

※お問い合わせいただいたご質問内容は、担当者が確認の上、メールまたはお電話にてご返答させていただきます。ご質問内容や多数お問い合わせをいただいている場合は、返答にお時間をいただく場合がございます。

※お問い合わせいただいたご質問内容は、FAQコンテンツとしてWEBサイト上に掲載させていただく場合がございます。予めご了承ください。