外部システムとの連携やステップメールが使えます。

ターゲットDBは、管理画面上に顧客データを蓄積して本格的なデータベース運用が行えます。

大量データを簡単に扱えます。

メールアドレスの他に、名前、年齢、都道府県、性別、ポイント数、会員種別などの項目を作成すれば「東京都の30歳以下のゴールド会員の男性」といったセグメント配信が行えます。ターゲットDBで自由に設定できる項目の上限は約85項目。あらゆる情報を用いた緻密なセグメント配信やパーソナライズ配信が可能です。

6種類のデータ型から項目に最適なものを選んで設計できます。

データ項目一覧
文字列型 名前、フリガナ、担当者名、会社名、住所、郵便番号、電話番号、携帯番号、
ID、パスワード、URL、備考欄
数値型 年齢、ポイント、資本金、売上金額
選択型 性別、既婚未婚、職業、趣味、メルマガフラグ
アドレス型 メールアドレス
日付型 誕生日
日時型 登録日時

過去の配信データとの掛け合わせによる高度なマーケティングも簡単です。

皆さまが作成した項目と、過去のメール配信データを掛け合わせたより高度なメールマーケティングが行えます。たとえば「過去3ヶ月間でコンバージョンが存在しない」、「過去半年で商品Aのページへのクリック履歴が1回以上ある」といったセグメントを行うことで、パーソナライズした配信を手軽に行えます。

ストレスフリーのメンテナンス機能

リストのインポートはCSVファイルで行います。『追加/更新』『入れ替え』『新規追加のみ』など、更新したい方法を選んでインポートするだけの簡単操作です。

一度にインポートできるファイルの最大容量は100MB。毎時15MB/分の処理速度だから、あっという間にメンテナンスが完了します。

インポートするときにcsvファイルと管理画面の並び順が異なっていても、システムが自動的に項目の並び替えを行います。csvデータを修正する手間を減らせるから誰でもストレスなくメンテナンスを行えます。

日付データを用いてステップメール、オートメールを実行できます。

サンプル申込日など、作成した日付項目から3日後の10時、5日後の10時にメールを自動配信できます。『コンバージョン履歴に至ったリストは省く』などのセグメントも行えるので、目的に適したシナリオ設計が可能です。

APIで外部DBとリアルタイム連携

皆さまの自社DBとデータ連携をするためのAPIを標準装備しています。 たとえばECサイトの顧客情報とAPIで連携すると、自動的にWiLL Mailのデータと同期できるため、最新の顧客情報を利用した高度なOne to oneマーケティングが実現できます。

用意しているAPIの一例
・オートメール実行 API
・データ登録/更新 API
・配信結果ダウンロード API

» APIの詳細はこちら

まずはお気軽にお問い合わせください
お電話でのお問い合わせ先:03-6450-4080 平日 10:30〜18:00 (※土・日・祝日を除く)
  • 無料トライアル・資料請求お問い合わせはこちら
  • お申し込みはこちら