2013年のスマホ普及率

Googleは世界のスマートフォン利用に関する大規模調査をし、2013年7月31日に「Our Mobile Planet 2013年版」でスマートフォンの普及率を公開しました。 2011年には6%だった日本のスマートフォン普及率は、2012年に20%を越え、2013年には25%まで増加しましたが、アメリカのスマートフォン普及率は56%、シンガポールは72%、韓国では73%となっており、今回の調査対象国の中でもスマートフォン普及率が高い国と比較すると、日本では、いまだにフィーチャーフォンが主流となっていることが伺えます。但し、普及率が低いながらも日本のスマートフォン利用は活発であり、ショッピング中のスマートフォン利用率は高く、32%のスマートフォン利用者が商品の品定めをする際にスマートフォンを利用したことがあると回答しています。 ご参考までに当社が運営しているECサイトで直近3ヶ月のデバイス別の購入比率を以下に記載しましたので参考にしてください。(当社のECサイトは2011年より携帯対応をしております)  

デバイス別の購入比率

フィーチャーフォン

0.8%

スマートフォン

12.5%

パソコン

86.7%