RFM分析とは

RFM分析とは、顧客データの属性のうちRecency(最新購買日、最後の利用日)、Frequency(累計購買回数)、Monetary(累計購買金額)に注目して分析を行う手法で、これらの頭文字をとってRFM分析とよばれています。

具体的には以下の観点から指標化し、顧客を分類します。

  • 最新購入日のランクが高い顧客ほど将来の企業収益に貢献してくれる可能性が高い。
  • 最新購入日のランクが低い顧客は購入頻度や購買金額のランクが高くても他社に奪われている可能性が高い。
  • 最新購入日のランクが同じなら購入頻度のランクが高い顧客ほど常連顧客
  • 最新購入日のランクが同じなら購入頻度や購買金額のランクが高い顧客ほど購買力がある顧客
  • 最新購入日や購入頻度のランクが高くても購買金額が少ない顧客は購買力が低い
  • 購入頻度のランクが低く購買金額が高い顧客は最新購入日の高いほうが良い顧客
  • 購入頻度のランクが上がらないか下がっている顧客は他社に奪われている可能性が高い。