デシル分析とは


デシル分析の手法はとてもシンプルで、一般的には顧客リストを売上の高い順に10等分し、自社の売上に貢献している顧客層を把握する顧客分析方法です。

上位の1割を「デシル1」と呼び、以降「デシル10」まで分類するだけです。

もちろん、扱う商材や業種業態に応じて等分を10等分ではなく5等分、3等分などと変更しても構いません。

このデシル分析を利用することにより、顧客グループ毎に応じた販売促進施策をメルマガで行えば、効率的なメールマーケティングが簡単に行えますので、是非活用してみてください。

 

また、一般的に売上構成比は「売上の80%は上位20%の顧客が生み出している」となる傾向があり、これを「80:20の法則」や「パレートの法則」と呼ばれています。