機種依存文字と半角カタカナの使用に要注意


機種依存文字は誤作動の元。利用はNG

機種依存文字とは、パソコンの種類や環境に依存し、異なる環境で表示させた場合に、文字化けや機器の誤作動を引き起こす可能性のある文字のことです。問題を起こさないようにするため、マナーとしてメールには「機種依存文字」を使用しないように注意を払ってください。

 

主な機種依存文字一覧

Windows

 

Mac 

 

半角カタカナの容量は、全角文字一文字以上!

半角カタカナを使用する目的は、おそらく少しでも多くの文字を送りたいためだと思います。そして、文字のサイズが半分だから当然容量も半分だろうと思われる方もいるかもしれません。ところが実際の容量は、半分どころか全角文字一文字分以上使っている場合もあるのです。

 

半角カタカナを利用する唯一のメリットは、幅が半分なので同じスペースで2倍の文字量を記入できるという点のみです。しかし濁点が多い文字の場合、文字数が増えて効率が悪くなりますので、使用する場面をしっかり見極めなければなりません。

 

また、ユーザーがメールを受信する環境によっては本文の一部が文字化けしたり、場合によっては半角カタカナを使った部分以降が全て文字化けしてしまうこともあります。

 

結論としては、半角カタカナも使用しない方が無難といえます。