実践ノウハウ集

これからメルマガ配信やメールマーケティングに取り組みたい方や、 既に実施しているが業務や効果を改善したいという方に向けて、 メール配信に関する基礎知識や、ノウハウを公開していきます。

並び替え:

WiLL Mail vs WEBデザイナー 制作行程を比較検証!

  今回は、WiLL Mailの使い易さを検証するため、 WiLL MailとWEBデザイナーのHTMLメール制作工程を比較してみました! 今回のHTMLメール制作内容、制作者紹介   今回は、WiL... 続きを読むべし »

CSVをエクセルで編集する場合の注意点

CSVでメルマガ読者の管理をされている方は非常に多いのではないでしょうか。実は、CSVをエクセルで編集して思わぬトラブルに陥ってしまうケースがあるのです。ここでは、CSVファイルをエクセルで取り扱う場合に知っておきたいポ... 続きを読むべし »

ファーストタッチとリピートクリック

2種類のクリック分析を活用して、メルマガ読者の興味関心を把握しよう メール分析で一番ポピュラーな項目は、クリックカウントです。WiLLMailでは「そのメールのリンクで最初にクリックした箇所」をファーストタッチ、「同じリ... 続きを読むべし »

CSVデータの取り扱いの重要性

誤配信を防ぐために メールマガジンの配信でもっとも重要なこと、これは何よりも第一に「誤配信をしない」ことがあげられると思います。メール本文の記述ミスはもとより、個人情報の誤挿入など、お客様へご迷惑をかける誤配信は絶対に避... 続きを読むべし »

クラウドサービスを導入しない理由

総務省の平成25年版 情報通信白書によると、クラウドサービスを導入しない理由をみると「必要がない」が最も高く、次いで「情報漏洩などセキュリティに不安がある」、「クラウドサービスの導入に伴う既存システムの改修コストが大きい... 続きを読むべし »

クラウドサービスの導入理由

総務省の平成25年版 情報通信白書によると、クラウドサービスの導入理由をみると、「資産、保守体制を社内に持つ必要がないから」が最も高く、次いで「初期導入コストが安価だったから」「既存システムよりもコストが安いから」となっ... 続きを読むべし »

クラウドサービスの利用動向について

総務省の平成25年版 情報通信白書によると利用しているクラウドサービスは、「ファイル保管・データ共有」が最も高く、次いで「電子メール」、「サーバー利用」「社内情報共有・ポータル」となっています。 利用内訳 ファイル保管・... 続きを読むべし »

2013年のスマホ普及率

Googleは世界のスマートフォン利用に関する大規模調査をし、2013年7月31日に「Our Mobile Planet 2013年版」でスマートフォンの普及率を公開しました。 2011年には6%だった日本のスマートフォ... 続きを読むべし »

アマゾンウェブサービスのメリット

  WiLL Mailでは、アマゾンウェブサービス(AWS)を導入しています。非常に優れたこのAWSを活用することで、高機能かつ低価格なサービスを実現しています。   高い可用性 システムが安定して稼... 続きを読むべし »

ドメイン指定拒否について

ドメイン指定拒否の対策をしよう 携帯アドレス向けのメールマガジンを配信していると、いろんな問題に直面することがあります。中でも特に悩ましい事例が、ドメイン指定拒否や迷惑メールフィルターです。   ドメイン指定拒... 続きを読むべし »

エラーメールについて

エラーメールには様々な原因がある メールの大量配信ではエラーメールの処理が大変重要です。エラー率の高い配信はスパムメールと混同されやすく、受信側で受け取りを制限したり停止することがあるからです。そのため、配信する側がエラ... 続きを読むべし »

エラーメール処理の仕組み

エラー対象となったメールアドレスは適切に排除しよう 一般的なメールのやり取りではエラーメールが戻ってきても(連絡が届いていないということは別にして)それほど大きな問題にはならないと思いますが、メールマガジンのように大量配... 続きを読むべし »
1 / 41234
WiLL Cloud無料トライアルお申し込みはこちら

WiLL Cloudサービスに関するお問い合わせ・資料請求はこちら

(受付時間 平日10:30〜18:00)