時代はHTMLメール

以前はHTMLメールを敬遠されるユーザーが多かったのですが、現在ではユーザーの抵抗感もまったくと言っていいほどなくなってきておりHTMLメールが主流になってきています。

その理由としては楽天やアマゾン、アスクル、ユニクロなど多くの大手ECサイトが積極的にHTMLメール配信をするようになったためでしょう。

当社が運営しているECサイトでは、ユーザーにマルチパート配信を行っていますが現在ではほとんどのユーザーがHTMLメールを購読していただいております。

以下に当社ECサイトのHTMLメールとテキストメールのメルマガ購読率分析結果を記載しましたので参考にしてください。

メール種別 購読率
HTMLメール 98.6%
テキストメール 1.4%

メールマガジンの分野では主流となってきたHTMLメールですが、場面によってはテキストメールの方が良い場面もまだあります。そこで様々な場面でHTMLメールとテキストメールのどちらが向いているかピックアップしてみました。

HTMLメールが適している場合の例

メール内容 備考
新製品、新サービスの情報 製品画像や機能、特徴、発売時期、問い合せ等を記載
時候のご挨拶 干支画像、季節感あるデザイン
CSR 社会貢献の活動内容を写真等を交えて掲載
セミナー等の案内 セミナー開催の地図情報等を交えて掲載

テキストメールが適している場合の例

メール内容 備考
お問い合わせの返信
採用情報
緊急メール
お詫びのメール テキストメールで迅速に配信
サービスの終了 猶予期間を十分にとって告知

比較してみるとHTMLメールは表現力が豊かなため、商品などのアピール系に向いており、テキストメールは迅速な対応が求められている場面に向いていると言えるでしょう。

著者
WiLL Cloud マーケティングチーム

ウェブマーケティングに関する情報をお届けするブログです。皆様に役に立つ情報、アップデート、イベントなど、様々なことを発信します。

メルマガ登録 »