よくある質問

契約関連について

申し込みからどのくらいで使えるようになりますか?

1営業日を目安にご提供できます。業種や用途などを審査させていただきますのでサービスをご提供できない場合もございます。あらかじめご了承ください。

システムは契約すればいつでも利用できますか?

システムは365日24時間いつでもメール配信が可能です。ただしシステムのアップデートやメンテナンスにより計画的に停止することがあります。メンテナンスの情報は事前にホームページに告知しております。また、システムに障害が発生した場合にも予告なく停止する場合があります。

最低ご利用期間は何か月ですか?

1ヶ月です。

セキュリティ関連について

プライバシーマークは取得していますか?。

プライバシーマークは2013年7月に取得しております。

ISMSは取得していますか?

ISMSは2014年8月に取得しております。

操作でわからない点は教えてもらえますか?

操作上のご不明点はメールやお電話などで質問を受け付けております。対応可能時間は弊社営業日の10時30分から18時となっております。

管理画面のセキュリティは対応していますか?

SSL(ジオトラスト)により暗号化通信を行っております。

データセンターのセキュリティはどうなっていますか?

データセンターはamazonのAWSを使用しており、世界第一級の保護を受けております。

詳細はこちら http://aws.amazon.com/jp/security/

料金について詳しく知りたいのですが

料金は初期費用と、レコード数による月額課金となっております。詳しくはこちらに記載しております。

基本機能について

モバイル端末向けにメール配信ができますか?

テキストメールとデコメなどの装飾メールを作成して送ることができます。

スマートフォンが増えていますが、コンテンツの対応はできていますか?

対応しています。弊社独自のスマートリンクによりパソコン向けと同等のメールコンテンツを見ていただく方法があります。クリックカウントやコンバージョンも取得できるため効果測定も可能です。

HTMLの技術がなくてもHTMLメールを送ることはできますか?

WiLL MailにはHTMLメールを作成するレスポンシブデザイン完全自動対応メールエディタ機能があり、HTMLの知識がなくてもHTMLメールを作成・配信できるようになっています。

メールマガジンの送信者のアドレスを自由に決められますか?

自由に設定できます。ただし、御社で管理されているドメインに限ります。

メールのクリック率などの分析はできますか?

可能です。他に例がないほど非常に多彩な分析ができます。詳細はこちらをご覧ください。

操作に必要な機材はありますか?

インターネットに接続されたパソコン(WindowsまたはMac)が必要です。動作環境はこちらをご覧ください。

なにかソフトを入れる必要がありますか?

操作にはWEBブラウザを使用します。動作環境はこちらをご覧ください。

自前のシステムとユーザーデータを同期できますか?

CSVを利用して管理画面からデータをアップロードする方法と、APIをご用意しております。APIに合わせてデータの同期プログラムを作っていただければ自動的にデータを同期させることが可能です。同期プログラムの制作代行も可能です。お問い合わせください。

複数の部署で使用したいのですが、部署ごとに権限を分けることができますか?

WiLL Mailはオペレータごとにデータベースの権限や機能の権限を設定できます。データベースとアカウントはそれぞれ100個まで使用できるため最大で100部署までの個別運用が可能です。

メール作成機能について

件名や本文にお名前などの差し込みはできますか?

差し込みできます。件名、本文のいずれの場所にも差し込みが可能です。

メールマガジンごとに送信先の属性を選ぶことができますか?

自由に条件設定できます。データベースに格納された属性情報は条件として自由に設定できます。複数の条件を組み合わせてメール配信をすることも可能です。

配信停止の仕組みは簡単ですか?

簡単です。メール本文に、配信停止用のタグを張り付けると、自動的に配信停止リンクが記述されます。メールを受け取ったユーザーはワンクリックで配信停止処理ができます。

メール配信機能について

携帯端末向け配信はできますか?

携帯電話用の高速配信エンジンを採用しており、高速配信が可能です。
配信速度はPC、携帯を問わず100万通/h(ベストエフォート)となっております。

英語のメール配信はできますか?

配信できます。半角の英数字だけで記述されたメールは自動的に英語の文字コードで配信されます。

メール分析機能について

複数のメルマガの結果をまとめて比較し分析したい。

まとめて分析できます。複数のメールの分析結果をまとめてグラフで比較したり詳細を閲覧することができます。

エラーメール処理は自動ですか?

エラーメールは自動的に処理されます。個人用メールソフトのように送信者のアドレスに戻ってくることはありません。エラーの分類は自動で行われます。一時的なエラーは停止にせず、持続的なエラーのみカウントし配信停止にします。