メールマーケティング

SPFとは? メール配信システム利用の基本をおさらい

SPFとは

SPFは迷惑メールを防ぐ技術

 「SPF」という用語をご存知でしょうか。「SPF」とは「Sender Policy Framework」の略で、 メールの送信元メールアドレスの偽装・なりすましを防止するための技術です。この技術はメールアドレスを偽装した迷惑メールやフィッシングメールの抑止に広く利用されています。そのため、自社のメールを自社サーバー以外から送る際にSPF を使用しないと、迷惑メールと判別されたりメール自体が届かなくなるなどの問題が生じる場合があります。

 よって、WiLL Mailのようなメール配信システムを利用する場合、自社のメールアドレスを用いて配信システムのメールサーバーからメールを送信するため「SPF」を設定することが推奨されています。

SPFを設定しないと生じる事象

 「SPF」を設定しないと、具体的に以下のような事象が発生します。

種別 事象
Gmail 迷惑メールフォルダに振り分けられやすくなる。
携帯キャリアアドレス(au,docomo,softbankなど) 「なりすまし規制 (高)」に設定している場合に、メールが届かない。

WiLL MailのSPF設定方法

専用マニュアルで設定

 「SPF」は、メールの送信元メールアドレスを管理するDNSサーバーにSPFレコードを記述することで利用できます。WiLL Mailのご利用の際は、ユーザー様にこの設定方法を記載したマニュアルをお渡しして、設定を行っていただきます。

便利なSPF設定自動チェック機能で確認

 WiLL Mailには「SPF」が有効かどうかを自動的にチェックする機能を搭載しています。この自動チェック機能によって「SPF」の設定が有効でない場合にはすぐ気づくことができます。基本設定画面の「送信者(From)」セレクトボックスに表示されるメールアドレスに「SPF OK!!」と表示されれば、SPF レコードが正しく設定されています。

SPF自動チェック確認画面への行き方
ログイン → メール → メール管理 → メール設定 → 基本設定

最後までお読みいただきありがとうございました。

著者
WiLL Cloudブログ編集部 メールマガジン担当者や、マーケティング担当者の皆様に役に立つ情報を配信して行きます。よろしくお願いします。
WiLL Cloud無料トライアルお申し込みはこちら

WiLL Cloudサービスに関するお問い合わせ・資料請求はこちら

(受付時間 平日10:30〜18:00)